« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

映画

かれこれレビューを書いてなかった…

●ブーリン家の姉妹 ★★★

姉がめちゃくちゃ野心家なのが怖い。でもそれでも本当にカトリックの掟をやぶらせ王妃になったのはすごい。その代償は大きかったけど…
代わって妹はちょう善人。だけど役者がその性格とは反対という噂があるだけに複雑な気持ちになった。

しかし歴史は奇なり…エリザベス一世の誕生の裏にこんな話があったなんて…
大奥もすごいけど外国の大奥?もすごいね。

エリザベスゴールデンエイジが見たくなった。

●ジョージアの日記 ★★★

あまりモテない女子高生が転校生のイケメンに恋して、最後はハッピーエンドな話。ありきたりだけどイギリスの高校生ってのが珍しいからこれはこれで新鮮だった。家族の交流話もあったりでいい。

フィッシュアンドチップスが食べたくなった。

●ラブソングができるまで ★★☆

これぞまさに定番よ。昔のスターはこうやって生き延びてくんだなぁ

●やさしくキスをして ★★★

ケン・ローチ監督。胸がしめつけられた。

宗教・家族・人種、そういったものが絡む恋愛は何故?の連続。

どっちかにいったら何かを失う究極の選択、映画の中で主人公はひとつの道を選んだけれど、その後に続く、映画では描かれてない人生を考えると何とも胸が締め付けられる。
でもだからこそ選んだ道は本物なんだね。

●オーブラザー ★★★

客観的に見てすごく不幸な三人なんだが、映画にはこれっぽっちも不幸な要素が見当たらない、ハッピーな映画。

何か映画の雰囲気が好き。
あとサントラも好き。

●ハッピーエンド ★★★

オドレイ・トゥトゥ主演。まさにオドレイのための映画。主演がオドレイだからこそ面白い。

やっぱ変わり者の役が似合うわ~ほんとカワイイ。好き。

●ディアマイファーザー ★★☆

この映画を見て思ったのは、人はやはり1人では生きていけないということ。人は弱い生き物。でもたくましくもなれる。

広大なオーストラリアの景色に、より孤独感が際立った。

人が人の悪い部分に影響を受けあって精神を患っていく様は切なかった。

●デスレース ★★★

未来の刑務所は民間によって運営され、
利益を生むため人々の興味を沸き立たせる
”死のレース”と呼ばれる殺戮のカーレースを主催する。
様々な兵器を積んだマシンで敵を蹴散らし、勝ち抜けば自由を得られるが
負ければそこには死が待っている。

バイオハザードの監督だけあって見せ方が超かっこよかった。
痛い映像多いけど、スピード感や迫力はすごい!
映画を前の方で見てしまったため目がチカチカした。

それにしても主人公の人の筋肉どうなってんの・・・?!
一見華奢そうなのに、すごすぎ。
スポンサーサイト
映画 | CM(0) | TB(0) 2008.11.25(Tue) 01:04

映画

今月は試写会当たり月ですた☆彡

●ウォンテッド  ★★★
期待していた割にはそこまで。。
なんだろう、展開が早すぎるのかな。
なんかおしい感じ。
最初はすごい謎めいた感じでワクワクしたんだけど、
そこまで謎めいていなかったかも。。?

でもアクションシーンとかかっこよかった。
アンジーは相変わらずセクシーだったけど、痩せすぎなのが気になる。

●崖の上のポニョ ★★★
劇場で見てきた!
公開から結構経っているはずなのに行列・満席!
やっぱジブリはすごいなっ!!

他の作品と比べると今回は子供っぽくて物足りない感じがするかも。
でもこれは子供に向けて作られたものだっていってたし、これでいいんだと思う。
セリフがわりと少なくてアニメーションの動きで見せてた辺りもなんか子供向けって感じがした。

今回は手書きにこだわったというのもあったし、隅から隅まで手抜きがないという印象。
海の中のシーンやぽにょが波を駆け抜けるシーン、波が迫り来るシーンは本当にこっちに波がくるんじゃないかという迫力だった。

この前ジブリ・レイアウト展に行ったときの解説文に「アニメーションに偶然はない」とあった。
映画ではありうる偶然の映像というのがアニメではありえない、
偶然に見えるものでもアニメでは全てが計画的に人の手によって創り上げられている。
なんかそれってすごいことだと思った。
やっぱジブリはすごいや。

時をかける少女 ★★★☆
昔のドラマじゃなくて、アニメの方。
キャラクターデザインはあの貞本義行さんです。

もー胸がキュンキュンしっぱなしでした。萌え

高校生っていいなぁ~
あまずっぺ~~~

アイアンマン ★★★☆
アメコミ系は駄作が多いが、これは意外によかった!!

なんかアメコミはありえない設定が多いが、これはかなり現実的。
武器製造会社の社長・天才発明家・遊び人・・・etcのトニー・スタークが
アイアンマンになるまでの過程も手抜きがないし、
アイアンマンになってからのストーリーも手抜きがないし、いいね。

特に開発中のシーンは興奮した。
機械の精密な感じとか、天才っぷりがすごかった。
メカとか好きな人はもっとワクワクするんじゃないかな。

ちなみにこの映画の試写前にクリスペプラーが登場したのだが、
主演の人に激似だった。

PSアイラブユー ★★★
最愛の人を失った女性が悲しみから立ち直っていく姿を描いた映画。

夫を亡くした女性の悲しさに涙。
死んでしまった夫の愛の深さに涙。
美しい思い出に涙。
周りの人の温かさに涙。
目が重くなった。。。涙

見終わると何だか恋がしたくなる、そんな映画です。

ヒラリースワンクは今までタフな感じの役柄が多かったけど、今回はとってもキュート!
ジェラルドバトラーは・・・・かっこいいっすね。あの声も・・・イイ。
でもうちの元英会話の先生に激似です。

アイルランド行きたい!!

ちなみに試写前にスペシャルゲストで徳永英明さんが登場。
劇場はかなりの盛り上がりでした。
「徳永さんは~」とインタビューアーが言うたびにドキッとした。
靴下なしで革靴はいているのが気になった。

アメリカンティーン  ★★★  
リアルな今のティーンを描いたドキュメンタリー映画。

・・・アメリカの高校行きたくなーい!!!

日本のイジメも怖いけど、アメリカも怖い・・・・・
生活の全てが極端でちょっとついていけない感じ・・
あと高校生なのに、いろんなこと経験しすぎ。(だから老けてるのか?!)
美的感覚もちょっと理解できない・・・・人気ある人がどう見ても可愛く見えなかった。。

すごい文化の違いを感じた。
確かにリアルなアメリカンティーン。
文化の違いを知りたい人にオススメ。
なんか違いすぎてポカーンとしちゃう。
映画 | CM(0) | TB(0) 2008.10.06(Mon) 00:15

えーが

●カンフーパンダ ★★☆
パンダがジャック・ブラックそのもの。
だがジャックは私の笑のツボではないのだ・・・残念!

●赤い風船・白い馬 ★★★☆
1956年にできたフランスの映画で、カンヌで賞をとっているが、
日本では見る機会が限られ伝説の映画となっていたとか。
それがデジタルリマスターでよみがえり、その記念の試写会にいってきた。

50年前の映画とは思えない!なんとも不思議な映画。
CGとかがないだけに、生き生きと動く風船がなぜああも生き生きと動くのかとてもなぞだった。

すごく単純な映画なのに、すごく心に残る、よい映画でした。

●エディットピアフ ★★★
シャンソン歌手として有名なピアフの一生を描いた作品。

タイトルをみて、ただ恋愛の部分だけをクローズアップした映画なのかな、と思っていたが
すんげぇ壮絶な人生・・・・不幸の連続・・

だがその不幸から救ってくれたのが歌の才能であり、
その不幸があったからこそ歌に深みがでたのかもしれない。
だが一方で歌に依存するからこそ起こった不幸もあったり・・・
本当に壮絶な人生だった。。

でも本当に素敵な歌声で、
歌と彼女の人生を重ね合わせると泣けてきた。

シャンソン歌手ってなんか他の人とは違う苦労してるような一癖ある人が多いなぁと思ってたけど、
その考えはますます根付きました。。


●4分間のピアニスト ★★☆
結構期待していたのだが、その割りには・・って感じだったから評価は低め。
もうちょっといっぱいクラシック曲が聞けると思っていたんだがなぁ~

●リトルミスサンシャイン ★★★
不仲な家族が、不器用ながらも歩み寄っていく感じがなんともほっこりする映画。
いいですね~
雰囲気とかカメラアングルが好き。

●イルマーレ ★★★
時空を超えて文通しあう二人。
ただその時間差は2年間という、ともすればお互い会えそうな時間。

時間を超えて色々なことが起こるんだが、そのねじれ具合がいい。
バタフライエフェクトみたいなねじれ具合ね。

キアヌリーブスがでている恋愛映画、意外といいのが多いなぁ。

●ミスト ★★
得体の知れない物に襲われ、スーパーに閉じ込められた人々。
その人々の心の変化を書いた映画。
得たいの知れない物とかストーリーとか超B級なんだが、
焦点はそこではなく、人が極限状態におかれた時にどうなるかというところ。
つまり一番怖いのは得体の知れない物ではなく人間なんだよ、っていう。

ラストシーンとかえぐっ・・・

●パコと魔法の絵本 ★★★☆
嫌われ松子の監督の新作。
相変わらず登場人物は全員キャラ濃くて、おもしろい。
なのに泣ける(;_;)
この監督すごいなぁ。

私は一瞬でてきたあの方がかなりツボでした。。。

阿部サダヲが阿部サダヲのまんまだった笑

映画 | CM(0) | TB(0) 2008.09.02(Tue) 17:26

映画

●眺めのいい部屋  ★★★
見る気はなかったが、ビデオの中にはいっててつい見てしまった。
1900年前半のイギリスが舞台で、この頃の服装や生活はとても素敵。
超純愛映画っすね。むずむず。
ヘレナ・ボナム・カーター好き。

善き人のためのソナタ  ★★★★
アカデミー賞受賞作。とてもよい映画でした。
よい映画っていうのは最初から終わりまで無駄がない、つまっている。

ベルリンの壁崩壊直前のドイツが舞台。
ゲシュタポにも比較されるシュタージ(国家保安省)という残忍な監視システム、
そのシュタージで働く大尉が、人間性や愛にふれ、気持ちに変化が起こっていく・・
その微妙な心の変化が美しかった。
同じ無表情でも後半部では優しさが滲んでいた。

なによりラストの終わり方が美しい。

ベートーヴェン 善き人のためのソナタ
「この曲を本気で聴いたものは、悪人になれない」

●ホリディ ★★★
とっても分かりやすい展開だがたまにはこういうのもよい。
キャメロン・ディアス好き

●ラフマニノフ~ある愛の調べ ★★☆
大好きなラフマニノフ、ある曲が出来上がる背景を綴った映画…
と思いきやそうでもなかった
なんつぅか…運がいいんだか不幸なんだか…
あれだけ華やかな曲の裏にこんなにも悩みや苦しみが渦巻いているとは…
最後は意外にもハッピーエンドだったけど、う~んなんかしっくりこない

ピアノのシーンが少ないのも残念

●西の魔女が死んだ ★★★
早寝早起き。三食ちゃんと食べる。物事は自分で決める。

当たり前のことが一番難しい。そして一番大切。

主人公の女の子が自分の中学時代にすごい似てたり、とか
色々自分の人生とかぶる部分があって、色々思い出しながら見てた。

また号泣。そんなのみる前からわかってるって。

●風の谷のナウシカ  ★★★★★
いつみても最高じゃわい(T_T)

あるメロディーの一節がめちゃ心に響いた。泣くとこじゃないのに涙が。
久石譲さん最高です。

でもやっぱ漫画の方が好きじゃけんのぉ

●ナイトミュージアム ★★★
子供向け映画。何にも考えず見られる映画もたまには必要。
映画 | CM(0) | TB(0) 2008.06.11(Wed) 22:57

映画

映画みる回数がペースダウンしてしまった。

●007 カジノロワイヤル  ★★★★
意外におもしろかった!!
内容が2転3転するし、どんでん返しも若干あるし。
あと最初のアクションシーンがよかった!
○○(忘れた)っていう技巧?を多様していたので見ごたえがあった(*´∀`*)

拷問のシーンは多分今まであまりに地味すぎて映像化されなかったんだと思うが、
うん、確かにあれは・・・・すごい痛いと思う・・・・

●スパイダーウィックの謎  ★★★
フレディハイモア君はファンタジー系が板についたね
アーサーとミニモイっぽかった。
ところで何故監督は一人二役したのだろう・・・

●つぐない   ★★★
アカデミー賞にかなりノミネートされていたし、
プライドと偏見の監督だし結構期待していたが、期待していたわりには・・・って感じ。

しかし切ない話だわねぇ・・・
つぐなってもつぐないきれないものってあるんよね。
それをどう乗り越えるかが問題よね。
この映画はそれをうやむやにしなかったのがよかったかも。

●鉄コン筋クリート  ★★★★
松本大洋の漫画の雰囲気を全く損なってない、素敵な映画だった!
通常漫画原作の映画って漫画を超えることは少ないけど、
今回は漫画のよさがそのまま生かされていたし、
映画だからしかできない表現とかあってよかった!

なにより映像が美しい!!

●あの空をおぼえている ★★☆
こんな映画泣くにきまってんじゃんかー!
と見る前に思ってて実際泣いた。
最近こういう系の映画多すぎないっすか?

すごい自然豊かなところに暮らしてて、
木の上に家があったり、お母さんがケーキ作ってお父さんが子供と遊んだりと、
ああいう暮らしは理想的だけど、現実的でないなと見てて思った。

●Overture ★★☆
たまたまBSをつけていたら見てしまったタイの映画。
タイの伝統的なラナートという木琴の天才的奏者をモチーフにした話。
途中ラナート奏者同士の演奏対決があるが、
海の上のピアニストよろしく、やっぱこういう対決はおもしろいね。

あとタイの原風景がとても綺麗だった。
タイらしさがでていてよい映画だと思う。(おもしろいかどうかは別にして)

●バンディダス ★★☆
ペネロペとサルマ・ハエックが共演した映画。めちゃエンターテイメント。
わっかりやすい展開。
しかしなんか無理やりセクシー系にもっていっている感じがよくわからん。

ペネロペは綺麗目の役じゃなくて、こういうスペイン系の娘さんを演じた方が似合う。
ボルベールみてみたいなぁ。
サルマ・ハエックは声がハスキーでかっこいい。
この人出演の映画って初めてみるかも。
フリーダみてみたい。

●幻影師アイゼンハイム ★★☆
大好きなエドワード・ノートン主演。
だがあまりおもしろくなく、まだエドワードノートンの演技力でなんとかなってる感が・・
トリック的なものはおもしろいけど、不明瞭な部分もあり、
なるほどー!!って感じにならないのがおしい。

●パフューム-ある人殺しの物語- ★★★★
ずっと見たかったんだ、これ!
そしておもしろかった!!
結構見終った後いろいろ考えさせられた。

香り、という映画では感じ取ることの出来ない物が題材。
でも主題は香水ではない、別の物の気がする。
それがまたこの映画のおもしろいとこかも。

類稀なる才能を持った男が究極の香水を作る、
そして圧巻のラストシーン。

主人公のベン・ウィショーの演技がすごい。
匂いを追い求める姿はまさに狂気の沙汰。
見ているだけでゾクっとする。
ちなみにほとんどしゃべらないので、
ほんとうに演技だけの勝負。すごい。

しかし、愛って・・・・・難しいね。
映画 | CM(0) | TB(0) 2008.05.10(Sat) 15:49

買っちゃった♪

20080323210946
めがねのDVD

買うなら初回がよかったんだな。
タワレコで買ったらめがねバッグももらた。

わい♪
映画 | CM(0) | TB(0) 2008.03.23(Sun) 21:09

映画

最近映画見るペースが落ちてしまった。
時間を見つけていっぱいみなきゃ~

ピューと吹くジャガー ★☆
一生この漫画のファンであることを友人と誓ったので、
そんなファンならじゃぁ映画見に行きましょう、ということで見に行った。
う~~ん、久々につまらない映画でした(笑)

漫画自体が紙一重な内容なだけに、映画化はホント難しいと思ったけど
自分が監督だったらあのシーンはもっとこう!という部分がちょろちょろあった。
配役はピヨちゃん以外は良かったと思う。
しかしジャガーさんを要潤がやるとは・・・

壁にペンキ塗る特訓のシーンが一番笑えた。

父親たちの星条旗 ★★★
戦争には勝者も敗者もない。
そんなことを教えてくれる映画。
戦争での勝利とか英雄とかそういう綺麗事がいかに虚しいか。

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 ★★★
おもちゃが氾濫を起こしてそれにどうたちむかっていくか、、
割とありきたりだなと思ったけど、終始そんな感じだった。
でもまぁチャプターごとにわかれてたのは新しいけど。

一番の見所は男の子。一見なぜこの子が準主役に?!と思ったが、
見ているうちにどんどんかわいくなってく。

黒髪で大きい目がとろんとしてて耳が大きいファニーフェイスなところがキュート。
あと襟付きポロシャツにパーカーをあわせてしまうセンスとか、帽子マニアなところとかね・・・
好きなタイプです笑(´∀`)

このおもちゃ屋で使われていたカタログすごい。こういうの好き。

フローズンタイム ★★★
VOGUE誌などでフォトグラファーとして活躍していたショーン・エリスの初映画監督作品。

アートなものの考え方をする美大生の主人公の感情をそのまま映像にしてしまうところが好き。
一つ一つの画面が写真みたいで美しかった。
音楽もよい。

しかしあのスーパーの2人組、全力でアホやね。笑

ペネロピ ★★★★
久しぶりの星4つ!
イギリス版アメリといったところでしょうか。

ありきたりな内容かと思いきやありきたりでない所がいいです。
あと洋服とか小物とか世界観とかが統一されていていいですね~
キャラも個性的でよいです。
見ていて全然あきません!

う~ん、久々によいですよぉ~

●ラストエンペラー ★★

最後の皇帝、愛新覚羅溥儀さんの話。
せっかくビデオにとっていたのに、最初の方父親に時代劇かぶせられてた。クーッ!

なので大事だと思われる最初が全く分からない。
いきなり溥儀さん刑務所いるし(゜Д゜;)

まぁでも満州の栄枯盛衰ぶりはなんとなくわかりました。
やはり戦争は醜い・・・何にもいいことないよ。

私歴史が大嫌いなんだが、こういう風に映画で実写化してくれるとすごい色々知りたくなる。
この気持ちを忘れないうちに歴史の教科書でも開くかな・・・
ちなみに大河ドラマの篤姫もおもしろくて、その時代に興味が湧いてきました。

歴史に興味が湧いてきたってことは、やはり年取った証拠かしら・・
映画 | CM(0) | TB(0) 2008.03.09(Sun) 23:19
copyright © ManiaQ all rights reserved.

カウンター

プロフィール

モルト/アメリ

Author:モルト/アメリ
●脳内プレイリスト 2/13up
salyu/VALON
Jason Mraz/I'm yours
MONGOL800/夢叶う

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。