« 2007 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

鼓童

鼓童のライブにのりPと行ってきました。
鼓童は私が行ったFUJIROCK06’にも出てて知ってました。のりPが和太鼓に大変興味があるとのことで誘われて行きました。

まぁぶっちゃけあんまり期待してなかったんだが(スミマセン)、涙が出る位感動しました
なんでしょう、太鼓の音は日本人魂を揺さぶるのか、フジロックの時みたいに遠くから聞いたのではなく、今回は前から3列目で聞いたからか、音や動き、表情、汗全てを感じることができたからなのか、もうとにかく感動しました。

私が想像していた和太鼓演奏をはるかに超越していて、人間技とは思えない位均等に同じビートを刻み続けたりとか、クレッシェンド・デクレッシェンドの見事な使い方とか、笛と歌とのハーモニーとか、低姿勢で全身を使って太鼓を打ち続ける見ていてもきつそうな演奏とか、獅子舞とか。
極めつけはやはりラストの大太鼓。ふんどし姿で大太鼓を連打し続けるその姿は遠くから見ていたフジロックでも目に焼きついていたが、間近でみた今回はそれはすごい迫力で、この人倒れるんじゃないかと何度思ったことか。太鼓を叩くその姿は鬼・侍・炎とか色々なイメージが思い浮かんだ。あと剣道部の夏合宿思い出した(すごいきつかったから・・・)。

あと驚いたのが曲と曲の合間で太鼓を変えるのをメンバーがやっているということ。ライブだと普通スタッフがなんでもやってくれるが、鼓童のライブは小さな太鼓から大掛かりな舞台装置まで全部メンバーがセッティングしていた。しかも黒子のように静かに、複数人が同じ動きで物を置いたりと、すごくプロフェッショナルを感じた。職人技!

最後メンバー全員がでてきて挨拶。会場は拍手喝采。お辞儀をし続けるメンバー。大太鼓を叩いていたリーダーが客席を見つめるその視線が感謝の気持ちで溢れていてその姿にすごく感動した。

とにかく、和太鼓サイコー!鼓童サイコー!
日本人なら見るべき!ちなみに外国のお客様がかなり多くて驚いた。
スポンサーサイト
音楽 | CM(2) | TB(0) 2007.09.25(Tue) 00:22

やっつけ仕事

20070922095227
実現するかわからなかったけど実現しそうだからお知らせ。
服の勉強している友達が展示会することになり、そこで私もTシャツ出展することになりました。もしよければお越し下さい。

AvenCouture
日時:9月22日~24日14:00~24:00
場所:高円寺 前衛派珈琲処 マッチングモール

パル商店街をまっすぐ,アーケード途切れて左にZOOLが見えたらその向かいの店の2階。ワンドリンク制。


続きを読む
ひとり言 | CM(0) | TB(0) 2007.09.22(Sat) 09:52

きゃ~~!!

大好きなモデルの太田莉奈ちゃんを見た!!
高円寺駅に友達といた!
ほそっ!しろっ!かわいい・・
eau20de20recipe.jpg

ひとり言 | CM(2) | TB(0) 2007.09.15(Sat) 13:00

わぁっ!!

私の大好きな映画、ファイトクラブ。
またあのメインキャストを努めたエドワード・ノートンとブラピがタッグを組むらしい!!

海外ドラマで超人気だったらしいラストキングダムオブスコットランド??
まぁ、よく知らんが、なんだかすごい楽しみ!

エドワード・ノートンはちょっといかれてる系の役が好きだなぁ~
大好きな役者さんです。
映画 | CM(0) | TB(0) 2007.09.14(Fri) 01:06

最近のオススメ

漫画好きなんです。
昔社内報でも漫画について熱く語った覚えもあります。
なんでたまには漫画の話を・・・。

<最近読んでおもしろかった漫画>

●7seeds 
著者:田村由美
別コミで連載中。近未来SF漫画。

ストーリー:
政府が近い将来巨大天体が地球に衝突し、その影響で人類が滅亡する可能性があると予測。そのため一部の人間を生き残らせるために冷凍保存することにした。それが7SEEDSプロジェクト。
プロジェクトに選ばれた人間の基準は優秀な人から問題児まで様々。
舞台は既に巨大天体が衝突した後の日本。


なんつーか、もう、残酷なまでにおもしろいっす。。
色々な感情を掻き立てられます。
極限状態におかれた人達の生き様が壮絶。。
人間らしいって、生きていくってどういうことなんだろうって思いますね。

漫画 | CM(4) | TB(0) 2007.09.14(Fri) 00:51

映画画

立て続けに重いのみてみました。

●ブラッド・ダイヤモンド ★★★★
レオナルド・ディカプリオがでてるからあんまり期待してなかったけど・・・
色々な意味でいい映画でした。

まず、シエラレオーネについての知識が得られたということ。
シエラレオーネについては少しだけ知っていた。ひどい内戦が続いていたということ。キーワードはダイヤモンド。

映画を見ていて衝撃の連続だった。
ホテルルワンダもすさまじかったが、シエラレオーネも劣らない。
反政府組織、武器を売る人、ダイヤの値を釣り上げ利益を得る人、ダイヤモンドを買う人、
それらのせいで被害を被る村人達・・・悪の循環。

そういう環境が人を変え、人を傷つけながら自分も傷つけていく。
そういう状況を変えたいのに、やることは結局自分のエゴなのか、だがやらなければ結局ただの傍観者なのかというジレンマ。
登場人物から語られる一言にはっとさせられる部分がいくつかあった。

あと印象的だったのが家族愛。
子供を愛するがゆえに鬼となる父親。
あのシーンは本当にぞっとした。

今回メインテーマを歌っていたNASの音楽もよかったが、
シエナレオーネの曲を歌った曲といったらやはりカニエウェストでしょう。
PVをみて釘付けになった。それがシエナレオーネのことを知りたくなった一番の理由かも。
何を歌っているのかわからないけどとても大切なことを言っている気がしてならない。

ヒップホップやラップはあまり好きではないがカニエさんは好きです。
ちなみにこの曲、アークティックモンキーズもカバーしてた。(あんまりだけど・・・)

20070909212338.jpg1.jpg

●BABEL ★★
期待していたのだが、うーん・・・
一つの銃弾が色々な国の人々をつないだ、というがあまりつながっている感じがしなかった。
苦々しい思いだけが残って後味がよろしくない。
まるでマグノリアを見た後のようだ。

アカデミー候補になった菊池凛子さんですが、うむ、確かに凄い存在感だったと思う。
この映画をみて何が印象に残ったかというとやはり凛子さんの目。
あとこの映画の中で一番見ていて切なくなった存在。
色々な風評ありましたが、やはりノミネートされただけのことはあると思いました。
しかしアカデミー賞とったのコーラスガールの人でしょ?
確かにあの人はあの人ですごい存在感でしたけど、私は凛子さんにとって欲しかったなぁ。
そりは私が日本人だからかしら。

映画 | CM(0) | TB(0) 2007.09.09(Sun) 21:30
copyright © ManiaQ all rights reserved.

カウンター

プロフィール

モルト/アメリ

Author:モルト/アメリ
●脳内プレイリスト 2/13up
salyu/VALON
Jason Mraz/I'm yours
MONGOL800/夢叶う

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。